簡単に出来る、髪の毛を傷ませない為の5つのルール

髪の毛のケアの仕方には凄く興味を持つ方が多いんですが、そもそもはダメージさせない事が重要。「美容室に行ってトリートメントしてるから安心♪」ではないんです。

美容室に行くのは、365日のうち5〜8回ぐらいですよね?

その状態を維持する為にお家でケア(傷ませない)する事が美髪への近道です!

美は一日にしてならず! 

1、夜寝る前は乾かして寝る!

cat-800760_960_720

・髪の毛は濡れているとナイーブな状態です。濡れている状態はキューティクルがはがれやすい状態です。そのまま寝てしまうと、枕との摩擦で髪の毛がゴワゴワになってしまいます。

・髪の毛が濡れていると頭皮が冷えます。頭皮が冷えると血行不良になり衰えてきます。

・生乾きの洗濯物って菌が繁殖しますよね?臭いがでたり。。同じ事が起こります。

2、髪の毛を雑にとかさない!引っ張らない!

tug-of-war-515183_960_720

・髪の毛をとかす時どうしていますか? 引っかかったら無理矢理ひっぱってませんか? 髪の毛を引っ張ると反動で縮れます。縮れるとパヤパヤした髪の毛がでてきてツヤが失われます。

・髪の毛をちぎると断面がつぶれます。そうすると形がいびつになりクセがでたり、水分が抜けやすくなってしまいます。そうならない為に美容師のハサミは研ぎ職人さんに研いでもらいます。かなり鋭利です!

3、コテ、アイロンの正しい使い方を身につけましょう!

explosion-123690_960_720

・よく「濡れたままアイロンしたらダメ?」と聞かれますが、ダメ! 髪の毛内部の水分が沸騰して気化して爆発します。

・スタイリング剤をつけたから巻くのもNG。スタイリング剤の油分が溶けて髪の毛に付着し、ダメージになります。*保護を目的としたスタイリング剤ならOK

・180度で10秒熱を当て続けるとタンパク変性が起こります。110度なら10分。

タンパク変性?→髪の毛もタンパク質です。熱々のフライパンに生卵をいれると目玉焼きになりますね?あれと同じ反応が髪の毛の中でも起き、固く乾燥した状態になります。

4、その日の汚れはその日のうちに綺麗に!

vacuum-cleaner-268179_960_720

・スタイリング剤がついたまま寝てしまうと、頭皮がかぶれたりかゆみがでたりする事があります。

22;00〜2;00までの間が一番髪の毛が成長します。この時間に綺麗にしておく事が美髪の秘訣です。

5、トリートメントは頭皮につけない!

the-monkey-409407_960_720

・シャンプーして毛穴が綺麗になったのに、油分をつめてしまう事になり、髪の毛が窒息してしまいます。

・頭皮が乾燥してるなら、頭皮用のトリートメントか頭皮用の化粧水を使いましょう。

まとめ

1、乾かしてから寝る。

2、髪の毛を雑に扱わない。

3、コテ、アイロンを正しく使う。

4、その日の汚れはその日のうちに綺麗におとす。

5、トリートメントを頭皮につけない。

「時間がない!」「寝坊した!」「一刻も早く寝たい!」全てわかります!

ただ、これらを積み重ねていくといつか思わぬトラブルに見舞われるかもしれません。。。

その時後悔しても遅いですよ?(僕も気をつけます)

頭皮トラブルの予防?正しいシャンプーの手順

【トリートメント】+αのノウハウで美髪へ 〜基本編〜もあわせてご覧下さい!


The following two tabs change content below.

村上 ゆうすけ

*表参道 SAKURA ヘアースタイリスト* 顧客の多くは【お任せ】の方が多く、丁寧なカウンセリングで皆様のなりたい思いを汲み取り、骨格や髪質やライフスタイルに合わせた提案をさせて頂きます! 「村上さんに任せておけば自分の好きな雰囲気で、扱いやすくしてくれる」 と、お客様からの信頼が厚い。 ダメージレスな技術やケアの仕方等の知識は誰にも負けません! ご予約は LINE@ ID "@WEL2035K" を検索してお気軽にメッセージ下さい!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA